変身

先日宣言していた額の塗り替え。
私にしては珍しく、早速実行しました。
e0040472_11402764.jpg
ブルーの上に白いアクリル絵の具をぺたぺた…
実は初めてなんです。アクリル絵の具を使うのが。
思ったように色がのらない。
しかもこれ、パール入りだったのでキラキラしている。
何度塗り重ねたかわからないほど、何時間もかけて延々と塗りました。
その結果、う~ん微妙。
額自体はテレビボードのガラスの天板と同じ色になって
リビングになじむような色になった気がしないでもないのですが
これ、中に入っている刺繍とあってない。
パール入りの絵の具を選んだ時点で失敗?
相変わらず扱いの難しい額になってしまいました。トホホ
[PR]
# by opalescent | 2008-07-29 11:51

イギリス発

日本着。お荷物が届きました。
e0040472_1113257.jpg

日曜日に発注して次の日曜日には届きました。
日本の会社よりも早いかも、という位のすごい速さです。
何が入っていたかというと ジャーン
e0040472_11172019.jpg
キットが8点。左が大好きなフェアリーシリーズ。右はヘリテージです。
送料が安いお店でセール品ということもあり、すっごくお得に購入できたと思います。
このフェアリーシリーズはすでに日本では販売されていないものも多く
販売していたとしても高いところでは今回の5倍!の値段でした。
右のレインボーの鳥さん。日本で一つだけ売っているのを見かけましたが
やはり倍以上のお値段。
この1年近く欲しいものの、指をくわえて見ているだけでした。
今回、たまたま見つけたときには考える間もなく
指がポチッと押していました…

これだけの荷物がコンパクトに(ギュウギュウに?)封筒に入って送られてきました。
自然に角が少しつぶれているのもありますが
個人使用なのでまったく問題なし。
海外から送られてくる荷物を見るたび、日本は過剰包装だなぁと思ってしまいますね。
[PR]
# by opalescent | 2008-07-29 11:35 | クロスステッチ

夏に間に合いました!

海の底にはこんなおじさんが
e0040472_20271634.jpg
海の神ポセイドンですね。
一応、王冠が光っています。そして宝箱から溢れた宝石をつけると
e0040472_2029443.jpg
一気に華やかに。
正直、いい気になってビーズを付け過ぎました…。
楽しくってルビーだエメラルドだ、これは金塊?なんて想像しながらつけてたら
ちょっとごちゃついた感じに。見本は茶系でシックにまとめてるんですけれど。
この部分は『あなたのクリエイティブを発揮してご自由に』という
日本ではお見かけしない勝手にして良いというご指示。
外国の図案は結構このようにステッチャーに委ねるところがあって面白いです。
クリエイティブという言葉も非常に好きなようですね。

海の底の沈没船の横にはひっそりと真珠貝が
e0040472_20354075.jpg

ドーンと大き目の真珠を入れました♪
そしてメインのマーメイドも登場
e0040472_2036287.jpg

うろこのキラキラがきれいです。うにょうにょした髪の毛もすてき。
ちょうど大きさぴったりの額の色もブルーグレーという
手元にあった100均の額に入れて飾りました。
e0040472_216728.jpg
“Under the Sea ”/ A Brightneedle Design
Fabrics : Zweigart Cashel 28ct smorky pearl
Threads : DMC 2over2

夏の間に飾ることができて良かった~♪
ピンク系のお魚がかわいらしくて、白いタコも漂い方が面白い。
泡のステッチは少々てこずり半分ほどステッチしてやっと上手くいくようになって
前半部分はステッチしなおしました。
岸の部分と海底の砂部分。
おんなじ糸を使っているのですが全く表情が違っていて
今回は良い勉強になりました。
やっぱりストーリー性のある図案はとても楽しいです。
次はやりかけの進展に努めたいと思います。
[PR]
# by opalescent | 2008-07-25 21:12 | BRIGHTNEEDLE

海の上 完成

タイトルは "Under the Sea" ですが
まずは海上部分ができました。
e0040472_13535426.jpg
Under the Sea / A Brightneedle Design
Fabrics:Zweigart Cashel 28ct smorky pearl
Threads:DMC 2over2

やけにまあるいお船がかわいいです。
家の煙突やドア、手すりなど薄い紫色です。
日本の図案ではありえない配色ですよね。
岩場っぽいと思っている海岸線は、
これまた段染め糸と単色糸をブレンドして適当に色を作ってみました。
一番気に入っているのはここ
e0040472_13573112.jpg
三日月です。
指定とはメーカーが違いますがキラキラのラメ糸をブレンドしてあるので
本当にお月様のように優しく光ります。
さて、一気に次は海の底~の方にもぐります。
[PR]
# by opalescent | 2008-07-22 14:00 | BRIGHTNEEDLE

季節物

絶対にこれだけは今年の夏に飾りたい!と思っていた図案に
やっと取り掛かりました。
e0040472_20211096.jpg
Under the Sea / A Brightneedle Design
Fabrics:Zweigart Cashel 28ct smorky pearl
Threads:DMC 2over2

夏といえば海。布目も大きいのでザックザク刺しています。
もっと早く取りかかればいいのにと思うのですが
実はこの図案、5種類のメーカーの糸を使用しており、
指定の生地は国内では手に入らないもの。
どう料理するか悩むのに時間がうんとかかりました。
去年の夏に複数のステッチャーさんが刺しているのを見て
いいなぁと思っていたものを、今年に入ってやっとチャートゲット。
結局は糸は全部DMCで、生地は手持ちの色が近いと思われるZweigartで手打ち。
この写真よりも実際はもっと青っぽいです。
とてもポップな図案と思っていましたが
実際には渋めのお色のオンパレード。
このお家の色味なんぞまさに西洋ですね。
波の色は勝手に段染め糸をブレンドして明るい躍動感を出してみました(笑)
これからも試行錯誤が続くでしょうがそれも楽しみです。
[PR]
# by opalescent | 2008-07-20 20:35 | BRIGHTNEEDLE

シミ隠し…

抜きキャンバスを使って
娘のポロシャツにお花の妖精を刺繍
e0040472_19464911.jpg

The Chicory Fairy /DMC Flower Fairies Collectors' Editionより
Fabrics:ポロシャツ
Threads:DMC 抜きキャンバス

バックスッテッチが途中の状態です。
入手したての本からちょうど大きさが良さそうだったので
久しぶりに抜きキャンバスを使ってステッチ。
生地に伸縮性があるので、裏に紙を貼っているので結構厚みがあり
バックステッチをする頃には手が痛くなってきました。
目数も間違えて、腕の長い妖精ちゃんに…
やり直しは不可能なので、そのまま突き進みました。
いつも抜きキャンバスを使っていると後半は苦痛です。
e0040472_19541832.jpg
特別に娘にモデルになってもらってパチリ。
どうしても落ちないシミを隠すための刺繍なのでした。
苦労して刺繍したものの、今日はすでに新しいシミをこさえてくれました(涙)
アップにすると
e0040472_19571063.jpg
チコリーの妖精ちゃん、小さいのでお顔を作るのに苦労しました。
2回解いて、3度目の正直でやっとこれで良いかというレベルに。
このタイプの図案はやっぱりお顔が命です♪
もう一箇所のシミはジャスミンのお花で。
バックスステッチを入れないと全く何だかわかりませんでした~。

手持ちの糸を使ったので半分は指定と違う色です。
フェアリーちゃん満載のこの本からはまだまだいっぱい刺していきたいですね。
[PR]
# by opalescent | 2008-07-20 20:09 | Flower Fairies

エレンさんのバラ

きれいですね。エレンさんのバラ。
e0040472_153113.jpg
EMS Project 2008 Rose Sampler
Fabrics:DMC Evenweave 25ct
Threads:DMC  2 over 1

バラ好きからみても、非常にリアルに表現されていると思います。
花はフレメの感じが好きなのですが、これはこれでやっぱり素敵です。
このバラがあったから、このチャートを刺したいと思ってはじめたのですが
久しぶりに出てきたバラ、やっぱりいいです♪
7月分は新たにボーダーも登場。
e0040472_1554786.jpg
25ctの一目で刺しているので、小さなボーダーですが、図案で見るよりも良い感じです。
そうこうしているうちに、6月分と7月分が完成。
e0040472_1575927.jpg
6月分は6月に刺せなくて7月分と一緒に刺していました。
段染め糸を使っているせいか、小さいわりに時間がかかります。
すでに半分以上が完成したこのサンプラー
1年も半分以上過ぎたんですね。はやっい。
[PR]
# by opalescent | 2008-07-15 15:13 | EMS

あれれっ?

珍しく、ジタバタではなく、広報誌の編集で忙しくしていました。
約10日間ほどは針も持たず、仕事に専念。
その前にとっくに完成していたこちら
e0040472_10253315.jpg
Holiday Seasons/Birds of a Feather
Fabric : Wichelt-Permin Linen 32ct Chesnut
Thread : WDW

スイカは誰かにかじられてるし
なんでアメリカ国旗なの?と思ったら7月4日は独立記念日でしたね。
アメリカでは夏の重要な風物詩なんだぁ。
ヨットの下にはちゃんと波が描かれていて心憎い♪
そして、てっきり海賊船の船長だと思い込んでいた男の人は
良く見たら太鼓をたたいている船員さんじゃないですか。
思い込みとは恐ろしいもので、「両手に剣を持っているとは珍しい」などと思いながら刺しておりました。
この船員さんの袖のカフスの金ボタン、この部分が一番のお気に入り。

しかーし、全体で見てみると、やっぱり布色の選択ミス。
もっと黄色やグリーンが映えて、夏っ!!って感じになるはずが
すっかり埋もれてしまっております…(涙)
次回からは糸色を変更した方がよさそうです。
それにこの額。100均で買ったとはいえ、水色が浮いている~。
すこし削って、白くペイントしなおす予定です(涙)
[PR]
# by opalescent | 2008-07-15 10:46 | Birds of a Feather

独りシーズンプロジェクト

e0040472_18565797.jpg
Holiday Seasons/Birds of a Feather
Fabric : Wichelt-Permin Linen 32ct Chesnut
Thread : WDW

春夏秋冬、4つの図案で構成されている楽しい季節物。
この春から独りシーズンサンプラーとして始めました。
ゴールが見えなかったり、遠くて当分たどり着けないものばかりなので
近くにゴールが見える小さいものは気が楽です。

これは夏なので、夏の風物詩が絵や単語となってでてきます。
さっそくバーベキューと中途半端なハチにスイカがちらり。
久しぶりの2本取り、プクプクしていて楽しいです。
最近は一本取りばかりだったので、
『そうそう、×ステッチはこうじゃなくちゃ♪』とひとりご満悦。
この図案は小さな正方形なのでQスナップ枠を使用。
指定とは異なるWicheltの布は薄くてパリパリした感じが私は結構好きなのですが、
この色は失敗だったかも…。

指定はかなり濃い『スズメ色』なのですが、重たくなるのかイヤで
少し軽めの色を選んだつもりでした。
が、イメージしていた栗色よりも実際は薄く、
というか渋皮を剥いた実そのものの栗色でした(涙)
この色は廃盤だそうで、使いづらかったんでしょうね。納得。
硬い皮の栗色だとつい期待していただけにややショック。
実物を確認できずに買うのは難しいです。

でも、1ミリも余さず既に4つの季節分にカット済み。
こういうのはとても気持ちが良いですね♪
[PR]
# by opalescent | 2008-06-24 19:40 | Birds of a Feather

右端に到達

今日の東京は良いお天気ですね。
洗濯日和なのに洗濯機の事情で今日は洗濯できません。
かわりに朝はアイロンがけにせいを出しました。
家事の中で結構好きな部類の仕事。
明らかにきれいになったとわかる達成感があるからでしょうか?

さて、森の植林はその後右下に進路を変えSECTION14へe0040472_11154651.jpg
非常に刺しやすいパートでした♪写真では色の変化がよくわかりませんが、いや、実物もよくわからないのですが、この部分だけで50色以上を使用しています。オーガナイザーは使用していないのですが、自分なりに扱いに慣れてきて、色替えもスムーズにできるように。

右下の白抜きの鳥はハトだそうです。ハトの間に立っている木は松の木だそうな。う~む、これが松…。





AND A FOREST GREW (C)Rosewood Manor Designs
Fabrics:Zweigart Belfast 32ct cream
Threads:DMC 1over2

これで右端まで到達したので、右下四分の一はほぼ完成。
e0040472_1127222.jpg

すでに今わかっているだけで5箇所間違えています(涙)
位置がずれているのが3箇所。枝が長くなってしまったのが1箇所。刺し間違えが1箇所。
あまり大勢に影響はないのでこのままいきます(笑)。
[PR]
# by opalescent | 2008-06-24 11:36 | AND A FOREST GREW