カテゴリ:ミニバラ&バラ( 43 )

終盤戦

やっと東京もお日様がのぞいて気持ちの良いお天気が続きました。
ベランダのバラ達は咲き終わったものもあり
残り4種類を残して咲きそろいました。
そろそろバラの季節も残り少ないようです。
e0040472_20531663.jpg
ミニバララブリーモア一目ぼれしたかわいらしいミニバラです。あまり日やけも起こさなかったみたいで、これからどんどん咲いてくれることでしょう。
e0040472_20545338.jpg
ERウィリアム・シェークスピア2000去年からカイガラムシにやられて酷い事になっていた後遺症で、枝が伸びてから2本も根本から取れてしまいました(涙)。
お陰で2本しか枝が無いので今年は淋しいですが花の香りはすばらしく、
幸せな気持ちにさせてくれます。
e0040472_20572629.jpg
ミニバラピーチ・コルダナORの陰でひっそりと咲いていますが、すんばらしい巻き巻き姫に♪
ミニバラですが大きなお花なので迫力も満点です。
e0040472_20593549.jpgレンゲローズも今は見頃と咲いています。
良く見るとあちこちの鉢の葉っぱの裏にハダニがいるのですが、お構いなしに元気に咲いています。ところで、ハバチはいつまでやってくるんでしょうね?毎日毎日のハバチ狩り、もういい加減にしてほしいです(涙)
[PR]
by opalescent | 2008-05-17 21:03 | ミニバラ&バラ

オレンジムーブメント

ベランダはちょっとしたローズガーデンになりました。
昨日は咲ききった花を使ってバラ風呂に♪
ピンクのバラに続いて、オレンジ系のバラが咲き始めました。
e0040472_2039872.jpg

ミニバラのヴィヴァーチェ。このおいしそうな色合いがたまりません。
花も8センチくらいと大きいのに株はコンパクトにまとまります。
みんなで仲良くパチリ!
e0040472_20385382.jpg

e0040472_20412750.jpg

ミニバラのフェリーチェ。イタリア語で平和という意味だそうです。
咲き始めは濃いオレンジでだんだんピンク色に退色していきます。
とても長い間その変化が楽しめます。
e0040472_20433867.jpg

やっと咲いてきたミニバラアレクサンドラ・コルダナ
e0040472_20444929.jpg

こちらはパトリシア・コルダナ。アレクサンドラの枝変わりがパトリシアなので似ているのですが、だんだんほぼ同じに…。このようなタイプのグラデーションが大好きなんですねぇ、私(再認識)。
e0040472_20471877.jpg

これまた黄色からオレンジを帯びるミニバラコルフ・フォーエバー。同居人のポリゴナムの影響でしょうか。大好きなのにひとつしか蕾がありません(涙)
e0040472_20491571.jpg

唯一のHTジュリア。ボケッとしているうちに植え替え時期を逸し、相変わらずの6号鉢で2メートル位に育ってしまいました。
咲き進むのが早くて、今回はシャッターチャンスを逃してしまいました~。
e0040472_20512912.jpg

ミニバラのコーヒー・オベーション。ずっと我が家では日陰の身でしたが、今年は少し見やすいところに移動。良い感じのコロコロ感です♪
赤系も咲いてきました。
e0040472_20535538.jpg

ボルドー・コルダナは殆ど葉っぱが虫食いですが、何とかお花は無事です。
e0040472_2055616.jpg

小さなミニバラバリ・フォーエバー。多分、フォーエバーシリーズの中で一番小さいのではないでしょうか。
花径2~3センチのかわいらしいミニバラです。深めの赤が好きです。

はぁ~、結構咲いてきました。数えてみたら、バラとミニバラで28種類ありました。
これで3分の2位が咲いたでしょうか。
こうしてみると白いバラが無いですね。一つだけ持っているんですよ。
そろそろ咲きます。
[PR]
by opalescent | 2008-05-08 21:11 | ミニバラ&バラ

現在のバラ模様

毎日ものすごい勢いで咲きはじめているバラたち、だんだんご紹介が追いつかなくなっている気配がありますが、大まかな様子もご紹介しようと思います。
e0040472_17472075.jpg

咲き進みの早いミニバラベンムーンゾーン。
ビオラとベアグラスの寄植え鉢の真ん中に、ベンムーンの鉢は載っています。
そのベンムーンの奥には
e0040472_17494579.jpg

大好きなORのイレーネ・ワッツ。今年は牡丹のようにふっくらと咲いています。
これも咲き進むのがとても早いので、なかなか株全体が花で覆われることにはなりません。
その奥をベランダの反対側から見ると
e0040472_17524927.jpg

ERのアンブリッジローズ
と我が家最大の大株ORのルィーズ・オディエによって、ベランダは右から左に移動できなくなっています(笑)
アンブリッジは色々な状態の花が咲いていて、今、一番楽しめる株に。
e0040472_1756312.jpg

咲き始めは右上のような状態で、カップ咲きになり、しまいにクォーターロゼット咲きに。
株全体も良い感じです。
e0040472_1757648.jpg

ルィーズも咲き始めています。
e0040472_17574828.jpg

今年は花数が多いせいか、花は小さめです。
そのルィーズの手前は
e0040472_17583874.jpg

なんとなく黄色いゾーン。
e0040472_1811790.jpg

ミニバラのハイデルベルグ・フォーエバーもとうとう咲きました。直径8センチくらいある大きな花なので迫力あります。
その更に手前はレンゲローズやピンクマシュマロ、カルメンといったピンクゾーンですね。
e0040472_17593791.jpg

ミニバラのピンクマシュマロ。こんなに開いてきました。かわいいです♪
e0040472_1824860.jpg

ひとり独立した場所で咲いたミニバラのグラウンブルー
我が家では珍しい色です。これも8センチくらいある非常にもっちり大きな花です。
お友達から頂いた大事なお花。毎日見るたびに思い出しています。

まだ未知のゾーンが3箇所ほどあるので、また咲いてきたらご紹介したいと思います。
[PR]
by opalescent | 2008-05-04 18:08 | ミニバラ&バラ

伏兵

e0040472_21381891.jpg

朝のお仕事、ベランダの様子をチェックするとオールドローズのイレーネ・ワッツが咲いていました。こんなに早く咲いてくるとは予想外でした。大きなバラの開花第一号です。
この子は棘が殆ど無いので、とても扱いやすいです。
e0040472_21421817.jpg

ERのアンブリッジローズも殆ど咲いています。今年は抜群にかっこいい樹形になりました。もともときれいな樹形で有名な品種だけあって、本当に優秀です。コロンコロンとしたあんず色がかわいいです。香りは独特のミルラ香?ベランダの香りになりつつあります。
e0040472_21442448.jpg

これまたノーチェックのミニバラ、ボルドー・コルダナ(写真上)も咲き始めています。深い赤色に丸みを帯びた花の形、赤系の中で大好きなミニバラです。
左下はミニバラのハイデルベルグ・フォーエバー。蕾の巻き具合が、まるで巻貝のようです。
右下はミニバラのピンク・マシュマロその名の通り、とても優しいピンク色でふっくらとした花です。
明日も天気が悪いので、4日以降に開花ラッシュが来そうです。
[PR]
by opalescent | 2008-05-02 21:52 | ミニバラ&バラ

開花宣言

いよいよ我が家も本格的なバラの開花がはじまりました。
最近は朝起きると、真っ先にベランダのつぼみチェック。
種類によってはすぐ咲き開いてしまうものもありますからね。
一番きれいな咲きっぷりに遭遇するのには結構タイミングが要ります。
e0040472_9414651.jpg

まずはミニバラのカルメンさん
毎回、咲くたびに表情が違うのですが、今回はとても美しい♪
花びらの枚数が多くて、中心部分のふっくら巻き巻きが良いです。
この花は切り取ってテーブルに飾っています。
e0040472_9445159.jpg

ミニバラのヘナ。咲き進むのが早いので要注意です。
e0040472_9461247.jpg昨日は←だったのに、今朝はすでに↑ですからね。お坊さんの袈裟の色からついた名前ですが、最近は見るたびにチベットのことが頭をよぎります。













e0040472_9475990.jpg

ミニバラのベンムーン。巷ではやや気難しいようにいわれてますが、我が家では手の掛からない優秀さ。鉢を置いてある環境が合っていたみたいです。
見た目と違って爽やか系のとても良い香りがするので、昨日は何度もくんくん、くんくん♪
これも咲き進むのが早いので、カルメンと一緒にテーブルに飾っているものの、今朝はすでに咲ききっています。
e0040472_9512729.jpg

次は今日中にこのアレクサンドラ・コルダナが咲くでしょうか?
このグラデーションは本当に素敵です。早く咲かないかなぁ~。
e0040472_953032.jpg

こちらも咲きました。ゼラニウムで名前を忘れましたが、葉っぱが斑入りで一目ぼれして買ったものの、どうにも私と相性の悪いゼラニウム。どうしてだろう???
今まで数回ダメにしていて、この子は一番の長寿。といってもまだ2年目です。
長生きして欲しいな。
[PR]
by opalescent | 2008-05-01 10:00 | ミニバラ&バラ

冬のバラ

すっかり連日ビオラ系の話題ばかりですが
実はバラ系も健気に咲いています。
e0040472_0123850.jpg

こちらはERのアンブリッジ・ローズ
この寒さの中、しかも例年に無いシトシト雨が続くので
蕾が開きかけたとたん、切花にして室内に取り込みました。
翌日にはすっかり開いていてびっくりしたのですが
夜になると花びらを閉じて眠っている姿がかわいらしい♪
花の大きさも、花びらの数も文句なしに立派です。
e0040472_0155054.jpg

こちらはミニバラの試験品種の名無しちゃん。
この花は咲くたびに表情がかなり違っていて
未だにどれが本来の花なのかわかりません。
今回はなんともいえない微妙なくすみ気味のピンク色で咲いています。
来年の春はどんな花が咲くのか見当がつかない不思議なミニバラです。

こうして咲いたバラを見ると、『バラって良いなぁ』と良さを再確認♪
これだから、どんどん増える一方の植物達なのです。
[PR]
by opalescent | 2006-12-16 00:23 | ミニバラ&バラ

枝枯れ病

きのう、見つけてしまいました。
室内に取り入れていた粉粧楼をベランダに戻そうとした時、
良く見ると枝に不気味な模様が…。
枝が木化しているそこかしこの中央部分に濃ーい紫色のシミ。
ネットで調べてみると枝枯れ病(ステム・キャンカー)と判明しました。
花が咲いて新芽も展開していたから全然気がつかなかったんです。

何でこんな病気になったのか。
ちょうど1年ほど前に購入したERのアンブリッジローズから移ったのでした。
たぶん鋏を消毒していなかった私のミスもあるのですが
このアンちゃんは来たときから病気だったのです。
その頃は『何だか汚い枝ぶりだわねぇ』と思いつつ
きれいな枝を残して剪定し、植え付けたのでした。

あまり気に留めなかった理由のひとつは
ナーセリーを完全に信頼していたからです。
できるだけ失敗したくないと思い
いろいろなナーセリーを比較検討して
『技術に定評がある』某有名ナーセリーを選んだのでした。

それがこともあろうか
送ってきた時から病気だったなんて。
一目見ればわかるような症状がたくさん出ていたのですから
確信犯だったとしか思えません。

自分の見る目が無かったこととダブルのショックです(涙)
早速、今日は切口癒合材を買ってきて
粉粧楼、アンブリッジ、ウィリアム・シェークスピア2000の病変部分を切り取り薬をつけました。
ERは軽症ですが、粉粧楼は無残にも10センチ弱になってしまいました。
蕾もたくさんついてて、花も咲いていて、これからだったのに。ぐやぢぃ~。
ちゃんと復活してくれるかな?
とってもとっても大好きなバラなので、こんなことで諦めきれません。

皆さんも苗を買うときはご注意くださいね。
おかげでまたひとつ、バラの病気に詳しくなりました(笑)
e0040472_012369.jpg

[PR]
by opalescent | 2006-10-26 00:17 | ミニバラ&バラ

百花絢爛

風邪もやっと快方に向かいつつあり気力が戻ってきました。
明日は久しぶりの本格的な雨のようですね。
ベランダはミニバラの開花シーズン真っ盛り。
晴れが続いたので、雨に弱い品種もきれいに咲いてくれました。

e0040472_2157531.jpg

雨に弱い代表がラブリーモア
夏の間お休みしていたので久々の登場です。
雨に備えて室内に取り込んでいるのですが良い香りですね。
咲き始めが本当に愛らしく、やや大きめのお花がうつむく姿、良いです♪

e0040472_2203788.jpg

スィート・チャリオット
これも花びらが雨ですぐ痛むので、満開を前に室内に非難。
随分と大きくなって、たわわに蕾がつきました。

e0040472_2221378.jpg

密かに3月からずーっと咲き続けてるミス・ピーチ姫
株分けをしなかったので『この~木、なんの木』みたいにこんもりなってます。

e0040472_2253564.jpg

初めて、5個以上の花が咲きそろいそうです、クラウディア・ポールセン
でも本来の美しさはまだ先のようですね。

e0040472_2272874.jpg

セントラルさんの試験品種の名無しちゃんです。
咲くたびに表情が随分違う花で、いったい本来はどんな花なのかよくわかりません。
今回はピンクマシュマロみたいな色ですね。

e0040472_2294954.jpg

秋になって、やっと本来のアンティーケ・コルダナに逢えました♪
春とは別人のべっぴんさんです。咲くたびに感動してしまいます。

e0040472_22112134.jpg

グラデーションといえばこのフェリーチェも美人さんです。
蕾はキリッとした美人ですが、咲くと意外にふんわりさんに変身。
咲き始めから終わりまでのグラデーション変化はそれは見事です。
これは随分咲き進んだ状態。

e0040472_22135739.jpg

このアレクサンドラ・コルダナもうっとりするグラデーションです。
変化はしませんが、この色合いは本当に眺めていて飽きません。
見る角度によって表情が変わるのも魅力。
でもこれ、パトリシアに似ていますね?

e0040472_221719100.jpg

コルフ・フォーエバーも咲き初めから終わりまで変身するタイプです。
今時期は咲き初めがカスタードイエローでだんだん白っぽくなります。
ふちの緑色の入り方は様々。花びらの表と裏の色も違います。

e0040472_22192414.jpg

なんか黄色いんですよね。ピーチ・コルダナなのに…黄桃ちゃんですよ。
もっと寒くなったら本来の色になるのでしょうね。期待してます。

e0040472_22214375.jpg

ずーっと半日陰で育てているベン・ムーンですが
我が家ではとても丈夫な優等生です。最近は次々に花が上がっています。
相変わらずの良い香り♪

e0040472_22234232.jpg

我が家では年長の部類に入るコーヒー・オベーション
丸一年を過ぎたと言うのに、相変わらず咲き方が地味です。
でも去年は一輪しか秋には咲かなかったので良いほうなのかしら?

これ以外にもグリーンアイス、ヘナ、チェリーアイ、ボルドー・コルダナ、レンゲローズ、ドワーフ・ポリアンサがミニバラでは咲いています。春よりも豪華な咲きっぷりに嬉しくてたまりません。
9月からニームオイルを使い始めたせいかアブラムシにも殆ど遭遇していません。
うどん粉は相変わらずなのですが、わりに元気良く咲いてくれています。
[PR]
by opalescent | 2006-10-22 22:37 | ミニバラ&バラ

赤いブーム

あっという間に赤系のミニバラが咲き出しました。
e0040472_15104892.jpg

ボルドー・コルダナ、赤系のミニバラの中で一番のお気に入り
今、一番の盛りです。10輪以上の花がついています。
e0040472_15125867.jpg

チェリー・アイこの状態の花を見られたのはラッキーでした。
とにかく、あっという間に咲ききってしまうので。
2つしか咲いていないのですが、近づくといい香りがします。
まだ気温が高いのか、色は濃い目の赤ですね。
e0040472_15162632.jpg

リトル・アーチストこれも香りのミニバラといわれますが
確認するのを忘れました。
うちの中では一番の強健株です。棘もすごくて近寄れない雰囲気が…。

つい最近までは黄色~オレンジのミニバラブームだったのですが
一気に赤になりました。ちょっとベランダがくどい感じに(笑)。
天気が良かったから、紫外線好きの赤が元気になったのでしょうか。
[PR]
by opalescent | 2006-10-11 15:24 | ミニバラ&バラ

イングリッシュローズ

雨が続いています。
ビオラベビーちゃんたちも家の中に取り込んだり
ベランダに出したりと忙しいです。

10月に入り、一気にイングリッシュローズが揃って咲いてきました。
春は揃って咲くことは殆ど無かったので、ベランダは春よりも豪華な感じです。
それにミニバラも春よりだいぶ成長していて、花数がぐんと増えています。

一番手はアンブリッジでした。
写真を撮り損ねていたみたいで、画像が無いことに今、気づいてしまいました。
次がパット・オースチン
e0040472_022969.jpg

花持ちが良くないのですが、春よりは長持ちしています。
でも色が薄いなぁ。もう少し寒くなったら濃くなるのでしょうか。
そして、朝ベランダ中に香りを振りまいているウィリアム・シェークスピア2000
e0040472_051736.jpg

春にはこんな咲きかけの姿は記憶にありません。
下を向いていたのかしら?なかなかかわいらしいです。
これが翌日には別人になって咲いているのですが。

e0040472_074721.jpgしかし、明日は台風の影響で大雨らしいので、夜に思い切って花をカットしました。パット2輪にシェークスピア2000を3輪。一つのコップに生けて、非常に豪華なテーブルフラワーになりました。思いがけず、大雨のお陰でリビングがバラの香りに。同じく、雨で室内に避難しているハイデルベルグも良い香り。今夜は一嗅ぎしてから布団に入ります。
[PR]
by opalescent | 2006-10-06 00:18 | ミニバラ&バラ