カテゴリ:Plum Street Samplers( 1 )

はじめてづくし

はじめての海外通販でゲットした
シルク糸とレイクサイドリネンの布。
こちらを刺すために用意したものでした。
e0040472_10332598.jpg
“Seven Days of Creation” Plum Street Samplers(c)2006
Fabric : Lakeside linens 36ct Vintage Light Examplar
Thread : Needlepoint Inc. silk


初めてのシルク糸、何と軽いのでしょう!ふわふわスルッとした肌触りはとても気持ちの良いものです。
布も初めて手にするLakesideのリネン。
良い感じにむら染めになっていて素敵です。
材料も揃ったし、スクロールフレームにセットして
いざ始めようとしたところ、う~ん???
もともとこのメーカーのチャート説明は
手書きっぽいラフな感じなのですが
よくよく見てみるとしっちゃかめっちゃかじゃあないですか。
どう滅茶苦茶かというと
 ・記号と色番号の表記位置がずれてる(幅が違うため)
 ・記号と近くの色番号が殆ど違う
 ・チャートにない記号がある、チャートにある記号がない
 ・同じ色と思われる部分の記号がページによって違う記号になっている

パニックになりつつ、見本の葉書ほどの大きさの写真を参考にしながら
記号と糸番号が合っていると思われるものが20色中5色のみ。
1日目は疲れてメーカーにメールでクレームを入れました。
もちろん、正しい情報を欲しいと書いたつもり。
しかし、返答はなく、仕方がないので
再びチャートと写真とにらめっこ。
幸い、殆どの色は使用しているものと同じようで
1色だけ使途不明というところまでこぎつけました。
こんな高価なシルク糸を買いなおす余裕は無いと思っていたので
その点だけはラッキーでした。

結局、上部の花模様のような微妙な色はどれかよくわからず
最後に余った糸で調整予定です。
よく海外のものはチャートにミスがあるとは聞いていましたが
こんなに殆ど違うというのは初めてです。
日本では考えられないこと。
でもメーカーのサイトにも特に注意表記が見られるわけでもなく
普通に売られているとはすごいです!
まさかこんなことがあるとはチャートを買ったときは思いもせず
まさに想定外。

気を取り直して刺し始めたものの
今度はスクロールフレームに悪戦苦闘。
長~いボーダーデザインなので
普段使っている丸枠より良いだろうと思ったのですが
これ、両手を使うんですね。知りませんでした。
布の裏から左手を使って布目から針を出す
この動作に慣れるまで少し時間が必要でした。
左手が思い通りに動かせない、かなり不器用だと判明(笑)
しかもスタンドが無いので、刺しにくい…

そんなこんなで3ヶ月近くかかってやっとボーダー部分を刺し終えました。
もうスクロールフレームからはずして
これからは丸枠にもどそうか検討中。
今回は色々と勉強になりました。
目指せ、年内完成!
[PR]
by opalescent | 2008-09-01 11:11 | Plum Street Samplers