カテゴリ:Birds of a Feather( 4 )

カレーからバナナへ

一気に刺し終わりました。
e0040472_11445765.jpg

これまた見本と全く感じの異なる仕上がりに。
前回の夏バージョンの失敗を教訓に
この布色では馴染みすぎてしまう黄色い糸「curry」を
手持ちのWDWの中から選んで「banana」に変更。
そのために秋だというのに軽~い感じになってしまいました。
本当はもっとパンチの効いたほっくり落ち着いた色味のはずなのですが
デザイナーさんごめんなさい … と言いたくなります。

今回の一番のお気に入りは、男性のお靴。
4ct しかないのですが、しっかり靴になっています。お見事!!
このシーズンでクロネコなど多くに使われている
WDWの「chacoal」という色。
とっても気に入りました。
墨色ってことなのでしょうが、実際は海藻が乾燥したような色で
光によって緑色を帯びています。
ひとつ、わからない模様が。
3つ出てきているソフトクリームのようなロケットのような三角の模様はなんでしょう?
最後までわからず。
e0040472_13253488.jpg
“Holiday Seasons”Birds of a Feather
Fabric : Wichelt-Permin Linen 32ct Chesnut
Thread : WDW


額も緑に戻して、定位置にてパチリ。
今回も楽しかったぁ~このまま最後の冬まで刺しちゃおうかな?
[PR]
by opalescent | 2008-08-29 12:04 | Birds of a Feather

初・秋物

こう急に寒いと、夏物の飾りが季節外れな感じがして
秋物のステッチを始めました。
e0040472_21595714.jpg
“Holiday Seasons”Birds of a Feather
Fabric : Wichelt-Permin Linen 32ct Chesnut
Thread : WDW


独りシーズンプロジェクトの秋バージョンです。
この季節も「なるほど」と思うものがちらほら。
アメリカは秋が入学シーズンですから
“Back-to-school”なんですね。面白い。
それにしても、西洋では秋になると七面鳥がよく出てきます。
実りの象徴なんだなぁ。日本にいるとイメージしにくいですよね。
紅葉している葉っぱ、良い味を出してます。
まるで透明人間状態の女の子、ごめんなさいね。
まだ二人とも鼻もないし
七面鳥も真ん中が半分はげています(笑)
なるべく同じ色の糸はまとめて刺すようにしているので
(糸替えが面倒くさいから)こういうことがしばしばあります。

もう一つ、今年はハロウィン物を刺したいと
既に準備はできているのですが、どうしよう。
我慢してクリスマス物に突入するか、う~ん悩んでいます。
[PR]
by opalescent | 2008-08-28 22:17 | Birds of a Feather

あれれっ?

珍しく、ジタバタではなく、広報誌の編集で忙しくしていました。
約10日間ほどは針も持たず、仕事に専念。
その前にとっくに完成していたこちら
e0040472_10253315.jpg
Holiday Seasons/Birds of a Feather
Fabric : Wichelt-Permin Linen 32ct Chesnut
Thread : WDW

スイカは誰かにかじられてるし
なんでアメリカ国旗なの?と思ったら7月4日は独立記念日でしたね。
アメリカでは夏の重要な風物詩なんだぁ。
ヨットの下にはちゃんと波が描かれていて心憎い♪
そして、てっきり海賊船の船長だと思い込んでいた男の人は
良く見たら太鼓をたたいている船員さんじゃないですか。
思い込みとは恐ろしいもので、「両手に剣を持っているとは珍しい」などと思いながら刺しておりました。
この船員さんの袖のカフスの金ボタン、この部分が一番のお気に入り。

しかーし、全体で見てみると、やっぱり布色の選択ミス。
もっと黄色やグリーンが映えて、夏っ!!って感じになるはずが
すっかり埋もれてしまっております…(涙)
次回からは糸色を変更した方がよさそうです。
それにこの額。100均で買ったとはいえ、水色が浮いている~。
すこし削って、白くペイントしなおす予定です(涙)
[PR]
by opalescent | 2008-07-15 10:46 | Birds of a Feather

独りシーズンプロジェクト

e0040472_18565797.jpg
Holiday Seasons/Birds of a Feather
Fabric : Wichelt-Permin Linen 32ct Chesnut
Thread : WDW

春夏秋冬、4つの図案で構成されている楽しい季節物。
この春から独りシーズンサンプラーとして始めました。
ゴールが見えなかったり、遠くて当分たどり着けないものばかりなので
近くにゴールが見える小さいものは気が楽です。

これは夏なので、夏の風物詩が絵や単語となってでてきます。
さっそくバーベキューと中途半端なハチにスイカがちらり。
久しぶりの2本取り、プクプクしていて楽しいです。
最近は一本取りばかりだったので、
『そうそう、×ステッチはこうじゃなくちゃ♪』とひとりご満悦。
この図案は小さな正方形なのでQスナップ枠を使用。
指定とは異なるWicheltの布は薄くてパリパリした感じが私は結構好きなのですが、
この色は失敗だったかも…。

指定はかなり濃い『スズメ色』なのですが、重たくなるのかイヤで
少し軽めの色を選んだつもりでした。
が、イメージしていた栗色よりも実際は薄く、
というか渋皮を剥いた実そのものの栗色でした(涙)
この色は廃盤だそうで、使いづらかったんでしょうね。納得。
硬い皮の栗色だとつい期待していただけにややショック。
実物を確認できずに買うのは難しいです。

でも、1ミリも余さず既に4つの季節分にカット済み。
こういうのはとても気持ちが良いですね♪
[PR]
by opalescent | 2008-06-24 19:40 | Birds of a Feather